浸透しつつあるシェアハウス

まだ物件の数は少ないのですが、都会に出れば対象物件は沢山あります。一般賃貸とシェアハウスの違いを知って、一人暮らしに役立てましょう。

一般賃貸&シェアハウスの主な違い

一般賃貸

マンションやアパートなどが一般賃貸で、1Kの場合家賃は大体5~6万円程です。バスとトイレが一緒になっているタイプや別々になっているタイプと間取りはそれぞれ違います。

シェアハウス

一戸建ての広い物件を、複数でシェアするのがシェアハウスです。一戸建ての場合、共有スペースとなる広いリビングがあるので、皆でゆったりと過ごせます。

シェアハウスは普通に賃貸契約するより家賃がお得!?

男女

シェアハウスの家賃事情

都心のシェアハウスを利用する場合、ドミトリータイプか、個室タイプか選びましょう。個室の場合、家賃は6万円~7万円ですが、費用を抑えたいなら3万円の家賃で住めるドミトリータイプのシェアハウスがいいです。

室内

住んでいる人はどんな人?

ごく普通のサラリーマンやOL、海外で生活していた人、外国人留学生、長期旅行に来た人など、いろいろです。シェアハウスを利用する上で特別な縛りはないので、そこも魅力でしょう。

インテリア

シェアハウスのメリット

とにかく設備が豪華です。リノベーションされたおしゃれな物件だと、風呂からキッチン、リビング、部屋の作りまですべて完璧でしょう。こうした部屋は、基本家賃高めですがシェアすれば、各個人の家賃負担を減らせます。

実際に住んでいる人の感想

部屋

規則正しい生活ができた

誰かと一緒に住むと、常に監視されているような感じだったので、だらけちゃいけない!と毎日早起きして活発に動いていました。最初は辛かったけど、慣れてきたらそれが普通になりました(笑)今まで無駄にしてきた時間を取り戻す勢いです!

寂しくない

最初シェアハウスってどうなの?と批判的だったのですが、都会に上京することになってたので急遽シェアハウスを利用することになったんです。当時はものすごく嫌だったのですが、皆いい人たちで安心しました。心細さもなく、シェアハウスでの出来事は今も宝物です。

めっちゃ楽しい!

色々な職業の人と暮らすので、普段聞かない話で盛り上がったり、外国人留学生に英語を教えてもらったりと本当に楽しかった!機会があればまた住みたい。

広告募集中